オイルシャンプーとは?

ノンシリコンシャンプーとの違いとは?

オイルシャンプーは、抜け毛に効くって本当?

 

Original update by : 210

 

地肌に優しいノンシリコンシャンプーへ切り替えた時に、次のような不満を持った経験はありませんか?

  • 洗い上がりに髪がキシキシした
  • 髪のぱさつきが気になる
  • 泡立ちが悪く洗っている気がしない

 

これらの不満を解消してくれるのが、「オイルシャンプー」です。

なぜ、抜け毛の軽減に効果を発揮するのか?たくさん種類のあるオイルシャンプーの中で、今のオススメは?

 

オイルシャンプーとは?ノンシリコンシャンプーとの違いは?

 

 

オイルシャンプーとはどのようなシャンプー?

オイルシャンプーとは、以下のようなシャンプーをいいます。

『 髪をつやつやにするシリコンの代わりに、植物性オイルが配合されている 』 シャンプー

 

シリコンが配合されていないので、オイルシャンプーはノンシリコンシャンプーに分類されます。ではなぜ、ノンシリコンシャンプーと言わずに、オイルシャンプーと呼ばれているのでしょうか?

ノンシリコンシャンプーとオイルシャンプーの違い

ノンシリコンシャンプーとオイルシャンプーの大きな違いは以下になります。

『 髪の潤いを補うことのできる、植物性オイルを含んでいるかどうか 』 の違い

 

髪の手触りを良くしてくれるシリコンは、毛穴に詰まって、頭皮環境を悪化させ、抜け毛を増やす原因になってしまうなどのリスクがありました。

頭皮環境を悪化させない為に登場したのが、シリコンを配合していないノンシリコンシャンプーなのですが、髪の手触りを良くする成分が含まれていない為、髪がキシキシしてしまうという難点があります。

 

そこで登場したのが、ノンシリコンでありながら、天然のオイルを配合することで優しく髪に潤いを与えてくれるという『オイルシャンプー』です。

オイルシャンプーは、髪が命の女性にとって、頭皮の環境を悪化させることなく、潤ったツヤツヤの髪を手に入れることができます。

 

オイルシャンプーはなぜ抜け毛の軽減が期待できるの?

オイルシャンプーは、なぜ、抜け毛の軽減が期待できるのでしょうか?

それは、含まれているオイルに、「頭皮の洗浄」「頭皮の保湿」「頭皮を健康に保つ」効果があるからです。

 

オイルシャンプーに含まれているオイルの効果について、まとめてみました。

頭皮の洗浄

通常のシャンプーには、汚れを落とすために界面活性剤が含まれています。

界面活性剤の中には、肌のバリア機能を弱めてしまったり、タンパク質を変質させてしまったりする危険性がある為、主にタンパク質で構成されている髪の毛にダメージを与えてしまいます。

一方、オイルシャンプーは、含まれているオイル自体に洗浄力がある為、頭皮の毛穴の汚れも、オイルが吸着して、優しく汚れを浮き上がらせてくれます。

頭皮の保湿

洗浄力の強いシャンプーで洗髪するとスッキリしますが、洗いすぎると頭皮が乾燥してしまい、フケやかゆみの原因になってしまいます。

また、乾燥から頭皮を守ろうとして、皮脂を過剰に分泌するようになり、かえって、皮脂により毛穴が詰まってしまうなどの悪循環に陥ってしまいます。

ですが、オイルシャンプーに含まれている天然の植物性オイルは、優しく汚れを浮き上がらせるだけではなく、頭皮の保湿をする作用もある為、頭皮の環境を悪化させることなく、正常に保つことができます。

頭皮を健康に保つ

植物性オイルには、頭皮の殺菌効果や、細胞を活性化させる作用がある為、頭皮を健康に保つことができます。

植物性オイルに含まれているビタミンEには、抗酸化作用があり、細胞の酸化を抑えてくれ、代謝を促し、頭皮の新陳代謝のサイクルを整え、いつまでも若々しい頭皮環境を保つ効果があります。

また、血行も促進されるので、抜け毛を減らす効果もあります。

 

今オススメのオイルシャンプーはコレ!

Original update by : shima

 

オイルシャンプーも色々あって、どれを買おうか迷ってしまいますね。

おすすめのオイルシャンプーを5つご紹介させていただきます。

MNOシャンプー

マカダミアオイルとアルガンオイルが配合されており、髪に輝くツヤとハリを与えてくれます。

全ての髪質の方に使え、髪と地肌を優しく洗い上げ、甘くフルーティな香りが長時間持続します。

BT+オイルシャンプー

天然由来のオイル成分が頭皮の乾燥をケアしてくれます。

美容補助酵素のビオチンが髪にハリ・コシ・ツヤをもたらし、美髪へと導きます。

ネオモイストシャンプーオルジェノア

11種類のアミノ酸成分とこだわりの美容成分が配合されており、髪と頭皮の潤いを保ち、様々な要素から髪と地肌を守ります。

また、頭皮に潤いを与え、しっとりまとまりのある髪へ導きます。

ヴィーナススパ/ノンシリコンオイルシャンプー

アルガンオイル、マカダミアナッツオイル、オリーブオイルなど、頭皮の健康に効果的な計7種類のオイルが配合されており、贅沢な泡立ちで髪や頭皮のダメージを補修しながら洗い上げることができます。

オイルシャンプーボタニカルダメージリペアリング

成分の90%が天然素材で、髪と頭皮にやさしく、10種類のオーガニックエキスと8種類の最高級レアオイル配合で、髪に潤いと輝きを与えます。

根元から毛先まで、健康的で美しいツヤ髪を保ちます。

 

いかがでしたか?気になるオイルシャンプーは見つかりましたか?

 

オイルシャンプーでの正しいシャンプー法は?

シャンプーの手順の流れは以下になります。

『 シャンプー前のブラッシング → 素洗い → 洗髪 → すすぎ 』

 

注意点もふまえて、各工程について詳しく見ていきます。

シャンプー前のブラッシング

シャンプー前にブラッシングをすることで、汚れが浮き上がりやすくなり、泡立ちが良くなる為、汚れを落としやすくなります。また、髪の絡まりを事前になくしておくことで、シャンプー中に、余計な摩擦が髪にかかることを防ぎます。

さらに、ブラッシングすることにより、疲れた頭皮をリフレッシュする効果や、頭皮の血行を促進する効果もあるので、ぜひ、習慣化させましょう。

素洗い

38度前後のぬるま湯で、しっかり髪を素洗いします。目安は、頭皮のぬめりが気にならなくなる程度までです。

熱いお湯の方が、短時間でしっかり汚れが落ちそうなのですが、熱いお湯は、必要な油分まで洗いすぎてしまい、頭皮の乾燥を防ごうとして、皮脂が過剰に分泌してしまうという悪循環になってしまう為、厳禁です。

この素洗いをじっくり行うと、頭皮の毛穴も広がることも手伝って、髪や地肌についた汚れなどの8割程度が落とせます。

洗髪

シャンプーは、手のひらでしっかり泡立てます。シャンプーを地肌に直接つけてしまうと、すすぎの際に、すすぎ残しの原因にもなってしまいます。

シャンプーの泡立ちの目安は、手で触って泡にツノが立つくらいです。洗顔用のネットを使って泡立てると、理想の泡立ちを簡単に作れるのでおすすめです。

泡立てたシャンプーを頭皮にまんべんなくいきわたらせ、シャンプーします。配合されているオイルが頭皮の汚れを落としてくれることを意識して、爪を立てないように、優しく、念入りに、頭皮をマッサージするように、洗いましょう。

この時に、頭皮を上へ上へ意識して引っ張ってやると、頭皮の血行促進とお肌のリフトアップ効果もあるので、一石二鳥です。

すすぎ

頭皮全体を一通り洗い終えたら、すすぎです。38度前後のぬるま湯で、泡がなくなることはもちろん、頭皮全体のぬるぬるがなくなるまでしっかりとすすぎましょう。

すすぎ残しがあると、頭皮のかぶれの原因になってしまいます。あと、すすぎ残しで気を付けて欲しい部位が、耳の中や、うなじから背中部分です。シャンプーの洗浄成分が意外と残りやすく、肌荒れや湿疹の原因になります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

オイルシャンプーとは、

  • ノンシリコンであり、頭皮にやさしい。
  • 配合されているオイルに、「頭皮の洗浄・保湿・健康に保つ」作用がある為、
    抜け毛に効果があり、髪にツヤを与えてくれる。

 

オイルシャンプーを選ぶ時には、頭皮にやさしい植物性のオイルが配合されているものを選びましょう。

また、シャンプーをする際には、

  • シャンプー前のブラッシングと素洗いで、髪や頭皮の汚れをあらかじめ落としておく。
  • しっかり泡立てて頭皮をマッサージしながら優しく洗う。
  • すすぎ残しのないようにしっかりとすすぐ。

 

ことで、頭皮の健康を守り、抜け毛の予防に効果があります。

抜け毛を防ぎ、美しい髪を手に入れる為に、オイルシャンプーを試してみてはいかがでしょうか?