髪の毛って一日にどれくらい抜けるの?
平均的な本数は?



Original update by :写真 AC



毎日家の掃除をしていても、床を見れば髪の毛が落ちている・・・
数本程度なら気になりませんが、あまりに多いとこのまま禿げてしまうのではないかと不安になりますよね。



髪の毛は一日にどれくらい抜けるのが普通なのでしょうか?

ここでは、抜け毛についてどれくらい抜けるのが平均なのか、何か対策法はあるのかを紹介したいと思います。

髪の毛が一日に抜ける量や数の平均とは?

毎日、普通に生活をしているだけなのに部屋の片隅には髪の毛が溜まったり、シャワーを浴びれば排水溝に髪の毛が溜まっているという経験は誰にでもあると思います。

果たしてどれくらいの量の髪の毛が抜けているのでしょうか?



実は髪の毛が一日に抜ける量はある程度決まっています。
驚くかもしれませんが、一日に100本程度抜けるのが普通なのです。



100本と聞くとそんなに抜けて大丈夫なのかな?と思いますが、100本程度の抜け毛は特に何も問題がないということなのです。

季節や年齢によっても抜け毛の本数は多少誤差はありますが、毎日気付いていないところでも100本くらいは抜けているのです。


もちろん元々髪の量が多い人少ないと人それぞれですので、あまり抜け毛の本数を気にすることはありません。
それよりも大事なのは、髪の毛が元気かどうかということです。


通常より抜け毛が多い場合にすべき対策とは?

あきらかに100本以上抜けている!という方は、抜け毛の対策が必要です。

まず、抜け毛が多くなってしまう原因としては頭皮への刺激が多いということがあります。



抜け毛は以下のような行動が原因となっています。

・パーマやカラーリングで頭皮が傷んでいる
・紫外線を直で浴びている
・髪の毛を縛る際に強く引っ張っている


上記のような行動から、頭皮は刺激を受け、抜け毛が多くなってしまいやすいのです。



外出する際には、日傘をさしたり帽子をかぶることで紫外線からの影響は防ぐことが出来ます。また、パーマやカラーリングも頻繁に行いすぎず、2ヵ月に1回など間隔を開けて頭皮へのダメージを減らしましょう。



その他に、生活習慣からも以下のことが抜け毛に深く関係してきます。

・ストレス
・栄養不足
・睡眠不足


ストレスは極力溜めず、自分に合ったストレス解消法ですっきりさせることが大事です。
食事も栄養バランスの整った食生活を送るように心がけましょう。



また、睡眠不足も髪には影響があります。寝ている間に成長ホルモンが分泌されるので、質のいい睡眠をとるように、22時から午前3時のゴールデンタイムは睡眠を取るようにしましょう。

日ごろ何気なく送っている生活に少し目を向けて行動を改めるだけで、髪はとても元気な状態となり、抜け毛が改善していきますよ。


薄くなりつつある髪の元気を取り返す方法とは?


Original update by :写真 AC

髪のハリを取り戻す為に大事なのは頭皮のケアです。

上記でもご紹介したように、食生活や睡眠、ストレスも抜け毛には影響してきますが、
頭皮ケアをしっかり行うことで抜け毛はかなり軽減されます。



頭皮をマッサージすることで全身の血行が良くなります。
血行が良くなることで頭皮の血行もよくなり、髪の毛もコシのある元気な髪になります。



シャンプーすると髪の毛が抜けてしまうから、シャンプーしない方がいいのでは?と思われてしまいがちですが、それは間違いです。
シャンプーをすることで頭皮の環境は良くなります。

毎日のシャンプーをしっかりするだけでもかなり効果は得られるので、刺激の少ないシャンプーでしっかり洗って洗い流すようにしましょう。



シャンプーは洗うことよりもすすぎが大事です。
すすぎをしっかり行わないと頭皮トラブル(ふけやかゆみ)が起きてしまいますので注意して行うようにしましょう。



シャンプー以外でも頭皮マッサージを行うと更に効果があります。

頭皮マッサージのポイントとしては、指の腹で円を描くように頭をマッサージすること。
爪を立ててしまうと逆に頭皮を傷つけてしまうので、気を付けて行いましょう。

痛すぎず、気持ちいいと思えるくらいの力がベストです。


まとめ

いかがでしたか。
気になる抜け毛、生活次第で抜け毛を減らすことが出来るのです。
抜け毛が気になる方は、以下の点に気を付けましょう。


・ストレスを溜めない
・規則正しい食生活
・睡眠をしっかりとる
・頭皮にダメージを与えない


これだけを守るだけでも抜け毛の量はうんと軽減されますよ。
更に、頭皮ケアをしっかり行い、頭皮環境を整えてあげることが大事なポイントとなります。



髪の毛のハリやコシの変化に気付いたらすぐに対策をすることをオススメします。
手遅れにならないよう、日頃から生活に少し気を付けて元気な髪の毛を維持していきましょう。