湯シャンをすることで抜け毛が減るって本当?

女性の抜け毛が増える体質も知りたい!

Original update by :acworks

 

毎日の生活の一部にようになっているシャンプーですが、その中で抜け毛が気になる女性は多いもの。1日にまったく抜けない日はないにしても、「抜け過ぎ」なのは気になりますよね。

この抜け毛を予防するのに効果的と言われているのが「湯シャン」です。湯シャンで髪を洗うことで、実際に抜け毛に効果があるのでしょうか。

また、抜け毛が増えるのには、体質にも深い関係があるようです。ここでは湯シャンの効果や抜け毛になりやすい体質などを知って、対策を考えてみましょう。

 

湯シャンで抜け毛が増える?

 

 

毎日髪を洗うのは、既に習慣化されている生活の一部です。髪を洗うのに使用するのが「シャンプー」ですが、今話題なのがシャンプーを使わない「湯シャン」です。

この湯シャンをすることで、湯シャンをすることで抜け毛に悩む女性の抜け毛防止に効果があるといわれています。その理由を見ていきましょう。

 

まず、お湯には十分な洗浄作用があります。特に40℃くらいのお湯になるとシャンプーと同じくらいの洗浄効果があるのです。

しかしあまり熱いお湯は頭皮への刺激が心配なので、湯シャンの設定温度は33度前後です。これでも十分に頭皮の皮脂や汚れを取り除くことができます。

普段使うシャンプーは実は抜け毛の原因になっていることがあります。シャンプーの洗浄作用は高いのですが、洗いすぎると頭皮の皮脂もスッキリ落としてしまうのです。

頭皮の皮脂は一見、悪いもののように感じますが、頭皮を守るという観点からすると適度に残しておくのがベターです。

頭皮の皮脂の役割は以下の通りです。

  • 紫外線から頭皮を守る
  • ドライヤーの熱から頭皮を守る
  • その他、様々な頭皮への刺激から守る

 

それなのにシャンプーで頭皮の皮脂をサッパリ洗い流してしまうと、刺激がダイレクトに頭皮に影響を与えます。その結果、抜け毛を引き起こす原因になるのです。

湯シャンで頭皮の皮脂バリアを守ることができれば、抜け毛を防止することにも繋がるということです。

 

 

湯シャンだけだと頭皮が臭くなる?

湯シャンが抜け毛防止になるのであれば、是非、実践したいところですが、今までシャンプーを使用してきた人にとって、湯シャンに変えることで気になるのが頭皮のニオイです。

実際に湯シャンを始めた人の中には、ニオイやべたつきが気になるという声が多いのです。抜け毛が防止できても頭がクサイのでは、ちょっと…と考える人もいるでしょう。

 

しかし、これはあくまで湯シャンに切り替えた初期のお話です。実は湯シャンに切り替えたばかりの頭皮のニオイは、湯シャンのせいではなく、これまで使用していたシャンプーに原因があるのです。

どういうことかというと…

  • ・シャンプーの強い洗浄力に対抗するため、皮脂分泌が活発になっている
  • ・急に湯シャンに切り替えたことで、多く分泌されている皮脂が落としきれていない

 

頭皮のニオイの原因は、シャンプーに含まれる界面活性剤や抗菌剤などによって、頭皮に必要な常在菌環境が乱れているからなのです。

本来必要な常在菌が全滅してしまうと、皮脂や汚れを食べてくれる常在菌がいなくなってしまいます。結果、頭皮がべたつき、酸化して不快なニオイを発することになるのです。

この常在菌が元に戻るまで1ヶ月~3ヶ月ほどかかります。湯シャンを続けているうちに常在菌が安定して、ニオイはなくなっていきます。

 

しかし、注意が必要な場合もあります。

  • 若い女性
  • 月経前後の女性

 

上記に当てはまる女性は、湯シャンだけではニオイがとれない可能性があります。若い女性は皮脂の分泌が活発なので、湯シャンだけでは落としきれない可能性があります。

月経前後はホルモンバランスの影響もあり、皮脂のバランスも崩れてしまいます。そういった場合も、湯シャンだけでは、ニオイが残る可能性があるのです。

 

今までシャンプーを使っていた人が急に湯シャンのみに切り替えるのではなく、最初は週に2回、1日おきなど、様子を見ながら行いましょう。

その間は通常のシャンプーよりも低刺激のアミノ酸系シャンプーや石鹸シャンプーを使用してみると、湯シャンへの切り替えもスムーズに進められます。

 

 

抜け毛になりやすい女性の体質とその対策は?

Original update by :KOHARUSAN

抜け毛になりやすい体質

女性の抜け毛は、体質によってなりやすさが変わります。

抜け毛になりやすい女性とは、「肥満体質」の女性です。肥満体質の人の多くは、食生活が乱れていたり、栄養バランスが偏った食事をしているものです。

そういった生活を送ることで、髪を生成するために必要であるたんぱく質やビタミン、ミネラルが不足してしまいます。それが結果として抜け毛や薄毛に繋がってしまうのです。

 

また、肥満体質の人は血液の流れが悪い状態になることが多く、血液から運ばれる栄養素が末端にまで届きにくくなってしまいます。

血液がドロドロしていると、頭皮や髪への栄養が届きにくくなるので、頭皮環境が悪化して、抜け毛が増えるという悪循環が起こります。

 

それに加えて肥満体質の人は皮脂の量が多く、頭皮から分泌される皮脂の量も多い傾向にあります。頭皮の皮脂は適度であれば頭皮を守るバリアの役割をしています。

しかし、過剰に出過ぎてしまうと皮脂が毛穴に詰まってしまい、抜け毛を増やすことにつながるのです。

肥満体質と抜け毛はこのように、深くかかわっているといえるでしょう。

対策とは

もうお分かりの通り、抜け毛を減らすためには、肥満体質を改善していく必要があります。

また健康のためにも、肥満解消に繋がる生活習慣に改善していきましょう。必要なのは以下の3点です。

  • 食生活の見直し
  • 適度な運動
  • 良質な睡眠

食生活の見直し

まず食生活ですが、髪の育成に必要なたんぱく質・ビタミン・ミネラルを意識した食事を心がけて、炭水化物や脂質の多い食べ物は減らしていきます。

食べ過ぎは良くないので、腹八分目の量を食べるようにしましょう。食事を変えることで、抜け毛・薄毛の抑制に繋げることができます。

適度な運動

次に適度な運動です。適度に運動をするようになると、血液の流れをスムーズにし、頭皮にも栄養が届きやすくなります。

いきなり激しい運動をするのは身体に負担がかかりますし、何より続きません。まずは「続けること」を重点にしてください。

最初はウォーキングや強歩などで徐々に筋力をつけていきましょう。慣れてきたらジョギングなどに切り替えるのも良いです。

良質な睡眠

最後に良質な睡眠です。ここで言っているのは寝てばかりいるということではないです。

決まった時間に寝て、決まった時間に起きるという睡眠サイクルを作りましょう。良質な睡眠は精神の安定、活発に身体を動かすこと、疲れやストレス解消に繋がります。

 

規則正しい生活に変えるだけでも肥満体質は改善されるでしょう。抜け毛や薄毛に悩まない為にも、できることから始めてみましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

湯シャンに切り替えることで、頭皮を洗いすぎないシャンプーに切り替えることができます。頭皮を洗いすぎないということは、常在菌を残し、頭皮に必要な皮脂を残して環境を整えることができます。

その結果、抜け毛を予防することは可能と言えるでしょう。

 

湯シャンの注意としては…

  • 急に湯シャンに切り替えると、頭皮のニオイやベタつきが気になる
  • 初期は湯シャンと低刺激シャンプーの使用を併用すると良い
  • 若い女性や月経前後の女性は頭皮環境が乱れているので、
    湯シャンだけでは皮脂を落としきれない可能性がある

 

体質としては、肥満体質の人の方が抜け毛を引き起こす可能性が高いといえます。

栄養バランスのとれた食生活にすることや、適度な運動を始めることで抜け毛の予防が期待できます。