ノンシリコンシャンプーって薄毛に効果あるの?

シリコンシャンプーとの違いは?

 

Original update by:acworks

 

ノンシリコンシャンプー」という言葉が定着していますが、そもそもノンシリコンシャンプーとは、どのようなシャンプーを指しているのでしょうか。

ノンシリコンシャンプーが薄毛に悩む女性の味方になるという話もあります。ノンシリコンシャンプーに育毛効果があるのかも気になりますね。

 

ここでは、シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いと、ノンシリコンシャンプーが薄毛に効果ありなのかをまとめました。

 

 

シャンプーに入っているシリコンとは?なぜ入っているの?

 

 

シリコンといえば、ゴム素材のような柔らかい素材を想像します。シリコン鍋やキッチン道具にもシリコンを使用したものが増えています。

シリコンと言えば、生活するうえで日常的にあるものになっています。そんなシリコンがシャンプーに入っているというのは、どういうことなのでしょうか。

 

シリコンは鍋や器具のようにゴムのような形状にもなりますが、作り方次第ではオイルのような形状にもなるのです。そして、シリコンは人体に刺激が少ないと言われ、安全性が高いところから化粧品にも多く使用されています。

そんなシリコンをシャンプーに入れると、どんな効果があるのでしょうか。その多くは、髪の毛をコーティングしてあらゆる刺激から守るという目的のためです。

 

あらゆる刺激とは…

  • 髪をとかしたときの摩擦
  • ドライヤーなどの熱
  • 髪をセットする際の整髪料

 

シリコン入りのシャンプーで洗うと、シリコンによって髪をコーティングするので指どおりの良い髪になります。すると髪を洗う時にも洗いやすく、仕上がりもキレイにまとまった状態になります。

見た目を艶々にして扱いやすい髪にするためにも、シリコンは必要な成分だったのです。

 

 

ノンシリコンシャンプーの特徴とは?シリコンシャンプーとの違いは?

一方で、ノンシリコンシャンプーは髪をコーティングする素材が含まれていません。ですから、髪を洗った後、指に絡みついてキシキシするような感覚を味わうことになります。

一見、洗い上がりが良くなさそうなノンシリコンですが、実はメリットも多くあります。

ノンシリコンのメリット

洗い上がりの髪が軽い

まず、シリコンのコーティングがないので洗い上がりの髪が軽く感じられます。髪に軽さが生まれるので、細い髪もふわっとした見た目にすることができます。

コンディショナーやトリートメントが浸透しやすい

また、シリコンのコーティングがないということは、シャンプーの次にやってくるコンディショナーやトリートメントが髪に浸透しやすいといえます。同様にカラーリングやパーマがかかりやすく、その後の持ちも良くなります。

頭皮トラブルが減る

更にすすぎ残しのシリコンが頭皮に残る心配がないので、フケやかゆみなど頭皮トラブルが減ります。頭皮からスッキリと洗いあげることができるのです。

シリコンシャンプーとの違い

シリコンシャンプーとの大きな違いは、やはり、髪をコーティングするか、しないかです。

シリコンでコーティングされた髪は扱いやすく見た目にも艶々していますが、ノンシリコンのシャンプーの場合は髪がキシキシしますし、熱のダメージを受けやすいです。

しかし、コンディショナーやトリートメントが浸透しやすいので、シリコンシャンプーと同様の効果を得ることはできます。

シャンプーの「洗浄」という部分に特化したシャンプーがノンシリコンシャンプーというわけです。

 

 

ノンシリコンシャンプーは女性の薄毛にどんな効果が期待出来る?

Original update by : acworks

 

しかしノンシリコンというだけで、発毛を促したり、育毛を助けるという効果はありません。

長い目で見れば、頭皮を優しくスッキリ洗い上げ、シリコン残りの心配もないので、頭皮を清潔に保つことができるのは、ノンシリコンシャンプーの方が優秀です。

そして薄毛で悩む女性にとって、頭皮を清潔にしておくことは、何より重要なのです。以前より抜け毛を減らすという部分では、効果を期待できるでしょう。

 

他にもノンシリコンシャンプーの良い点は…

  • 頭皮を清潔に保つ
  • 髪のボリュームを出しやすい
  • 刺激が少ないので頭皮が守られる
  • 頭皮環境の改善につながる

 

薄毛対策を気にするのであれば、シリコンの有無だけでなく、選ぶシャンプーの成分に着目してください。

シャンプーには様々な洗浄成分がありますが、注意したいのが「ラウリル硫酸Na」や「ラウレス硫酸Na」という成分です。

この2つの成分は、強い洗浄力を持っているので、頭皮や髪の油分まで洗い流してしまいます。すると、頭皮が乾燥したり、髪のパサつきが目立つようになり、薄毛には逆効果になることがあります。

何ごともやり過ぎは良くないということですね。

 

 

使い方を間違えると逆効果も!?ノンシリコンシャンプーでの正しいシャンプー法とは?

 

ノンシリコンシャンプーにはシリコンが含まれていないので、頭皮の毛穴つまりやダメージを受けるといったマイナスをカバーすることができます。

しかし見方を変えれば、ノンシリコンシャンプーで洗った後の頭皮も髪も、何からも守られていない、いわば裸の状態です。これは無防備で危険な状態ですよね。

せっかくノンシリコンシャンプーを使っても、使用方法を間違えれば逆効果になります。

 

ここでは正しいシャンプー方法を見ていきましょう。

① シャンプーをする前に、髪をとかす

入浴する前に髪をブラッシングしましょう。ブラッシングすることで髪の絡みをほどいたり、ほこりやゴミを取り除くことができます。

② シャンプーを使う前に髪をよく濡らす

シャンプー前にはお湯で髪をよく濡らしましょう。これだけでも大半の汚れは落ちていくといわれています。

お湯の温度は38℃~40℃が適温です。熱すぎても冷たすぎても髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。

③ シャンプーは頭皮を洗うもの

シャンプーは髪を洗うものと考えている人が多いですが、髪の汚れは濡らした段階でほぼ取れています。シャンプーは頭皮を洗うために使います。

頭皮をマッサージするように、指の腹を使って優しく揉み洗いしましょう。爪をたてたり、ゴシゴシと擦るのは、頭皮に傷がついて思わぬダメージになります。頭皮の毛穴に詰まった油分を泡で優しく掻きだす様なイメージです。

洗い終わったら、頭皮に泡が残らないようにしっかりと流しましょう。

④ タオルドライも重要

頭皮と髪をキレイに洗ったら、きちんと乾かすことが大切です。

いきなりドライヤーを使うと、乾くまでに時間がかかり、熱ダメージを与えてしまうので、まずはタオルドライします。

タオルで髪をはさむように優しく拭き取ったり、頭皮も水分をタオルに吸い込ませるようなイメージで拭きます。ゴシゴシと拭くのはNGです。

⑤ ドライヤーは極力短く

最後はドライヤーで乾かします。自然乾燥をするとシャンプーで開いたキューティクルがそのままになるので、髪にダメージを与えます。

ドライヤーでしっかりと乾かすことで、キューティクルが閉じて通常の状態に戻るので、髪質を上げるためにも、乾かすのは大切な工程です。

ノンシリコンシャンプーを使用する場合は、無防備な状態から自分で髪や頭皮を守る必要があります。それがシャンプー前のひと手間であり、シャンプー後の乾燥にあるのです。

面倒くさがらずに正しい手順でシャンプーしていきましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

髪をシリコンでコーティングするシリコンシャンプーと、髪を素の状態にするノンシリコンシャンプーですが、ノンシリコンだからと言って、薄毛に効果があるというものではありません。

 

しかし頭皮をスッキリと洗い、頭皮環境を整える点では、ノンシリコンシャンプーが良いでしょう。ノンシリコンシャンプーは使い方を間違うと逆効果になりえるので、正しく扱いましょう。

  • シャンプー前にブラッシング、お湯で濡らすというひと手間を加える
  • シャンプー中は髪ではなく、頭皮を洗うイメージで
  • すすぎをしっかりと行い、ドライヤーで乾かすことを忘れずに

 

ノンシリコンシャンプーに薄毛を改善する直接の効果はありませんが、薄毛の進行を抑える頭皮環境に整えるお手伝いはできます。

自分で自分の髪を守るために、正しい使い方を守りましょう。