最近、おでこが広くなった気がする…

早めに手を打てば、人に見つかる前に治療できる?

 

Original update by :acworks

 

薄毛の悩みは男性だけに関係のあるもの、という時代は終わりました。現代の女性は男性並みに仕事をしたり、生活習慣も変わっています。

そんな女性からの薄毛のSOSが急増しているのです。中でも多いのが、おでこの生え際が後退していく薄毛です。

 

女性の薄毛にはどんな原因があるのでしょうか。

治療法や日常生活で気を付けることなど、女性の生え際を守るための内容をまとめます。

 

 

20代女性で急増中の生え際が後退する原因とは?

 

 

女性の場合、加齢によって薄毛になるという話を聞いたことはありますが、20代の若い女性も薄毛に悩んでいます。

そもそも、男性の薄毛には男性ホルモンが大きく関係しています。女性は通常、女性ホルモンによって守られているといっても過言ではないでしょう。

男性ホルモンにはDHT(ジヒドロテストロステロン)という発毛阻害因子が結合することで、ヘアサイクルを乱して薄毛を誘発する作用があります。

しかし、女性にも男性のおよそ1/20の量の男性ホルモンがあると言われています。ですから、ホルモンのバランスが乱れることで、男性のように生え際が後退するような薄毛を誘発させるのです。

おでこが広くなるように生え際が後退するというパターンが多いのは、前頭部の生え際にDHTの影響が強く現れるためです。

結果、女性ホルモンの乱れが、生え際の後退を発生させる原因なのです。

女性ホルモンが乱れる原因は…

  • ストレス過多
  • 睡眠不足
  • 生活習慣の変化

 

これらが大きく関わっているといえます。

その背景には女性の社会進出が増え、男性並みに多忙になることで、人間関係のストレスや睡眠不足を含めた生活習慣の乱れが関わっています。

ホルモンバランスが乱れることで、女性でも男性ホルモンが刺激されて、女性の男性化が進んでいる、まさに現代の悩みといえるでしょう。

 

 

20代女性の生え際の後退を食い止める治療法とは?

20代でおでこの生え際が薄くなってくるなんて、ショックを隠せませんよね。これはどうにかして治していきたいものです。

生え際の後退を食い止めるには、早めの対策が鍵になります。

代表的な治療法を見ていきましょう。

育毛剤

育毛剤なんて男性が使うもの、というイメージですが、今は女性用の育毛剤も多数、売られています。

育毛剤のメリットは自宅で簡単に始められること、副作用がないことがあげられます。また費用面の負担も少なく、人知れず治療ができるのも嬉しいですね。

仕事が忙しいという人でも、好きなタイミングで生え際の気になる部分に塗るだけなので使い方も簡単です。

ただし、効果を感じるためには3ヶ月~半年といった時間がかかります。今すぐに治療したいという人には向かない方法です。

発毛治療クリニック

発毛の専門家にお願いして、医療的に治療していく方法です。

カウンセリングで症状や抜け毛の頻度などを、相談していくところから始まります。その結果、症状や状態に合わせたオリジナルの内服液や外用薬を処方されます。

生え際の薄毛は人によって少しずつ原因が異なります。万人が使える育毛剤に比べると、より、効果を発揮できるでしょう。ただ、薬によっては強いものがあり副作用はゼロではありません。

クリニックに定期的に通うことになるので、仕事が多忙な人の場合、通院が新たなストレスになる可能性があります。

植毛

短期間で確実に生え際の後退から見た目を回復したい場合は、植毛が良いでしょう。

植毛は見知らぬ人の毛を移植するという、マイナスなイメージを抱く人も多いです。しかし今は、技術が進んでいて、自分の髪の毛を毛包ごと、生え際が後退してしまった部分に移植する「自毛植毛」という方法があります。

この場合、植毛を行った髪も、自然に成長するというメリットがあります。とても自然な仕上がりになりますよ。

植毛は初期費用がかなり必要になるというデメリットがあります。費用は植毛をする本数によっても異なるので、施術前によく相談しましょう。

 

 

20代女性の生え際の後退を改善する日常生活の注意点とは?

Original update by :acworks

 

20代といえば、本来なら女性ホルモンが最も良い状態で満たされる時期です。ホルモンバランスが乱れることで生え際の後退が起きているのですから、ホルモンバランスを整えましょう。

日常生活で少し気を付けることで、育毛剤やクリニックに頼らなくても生え際の後退を改善できる可能性は高いのです。

ストレスを溜めない

大きなストレスは、生え際の後退を進行させる要因になります。仕事や人間関係でのストレスは、誰でも少なからず感じているものです。

ストレスを感じないで仕事をするのは難しいので、できればストレス発散の方法をいくつか用意しておきましょう。

たまには思い切って仕事を休んで羽を伸ばすことも必要です。心にゆとりができれば、自然と生え際の後退も改善しているかもしれません。

睡眠はたっぷり摂る

睡眠不足もホルモンバランスを乱すきっかけになります。ちょっとした寝不足が積み重なって、重症の睡眠不足に陥ることもあります。

なるべく、同じ時間に起きて同じ時間に眠る、という睡眠サイクルを作るようにしましょう。

人の睡眠は平均で6時間~7時間半といわれています。疲れを感じた夜は早めに布団に入るなど、普段からの心がけも大切ですね。

痩せすぎは注意

女性は体型を気にしてダイエットに励む傾向にありますが、痩せすぎはホルモンバランスを乱すキッカケになります。

女性の身体は適度な脂肪があることで、卵巣や子宮を温かく保つことができます。冷えは女性の代謝には大敵です。

体脂肪は女性ホルモンを安定して分泌するためにも必要なのです。痩せすぎて脂肪がない女性は、女性ホルモンが分泌されにくく、生え際の後退を進行させます。

髪型やファンデーションに注意

基本的なことですが、生え際の髪を強く引っ張るような行為はやめましょう。

ポニーテールなどで、いつも髪をまとめてきつく結んでいる女性は注意が必要です。仕事中は仕方ないとしても、オフの時には髪を解いて余計な力をかけないようにしましょう。

また女性の場合生え際までしっかりファンデーションを塗るのも、あまり良くありません。頭皮が汚れることで、やはり生え際の後退を進行させます。

生え際のファンデーションは薄めに、そして必ず洗い流すことを忘れないでくださいね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

社会に出る女性には、男性並みにストレスや食生活の乱れなどが考えられます。その結果、女性ホルモンのバランスが乱れて、男性のように生え際が後退してしまうのです。

女性の生え際が後退するのを食い止めるには…

  • 女性用の育毛剤でコツコツ治療する
  • 発毛クリニックに相談して、自分に合った薬で治療する
  • 自毛植毛で植毛した毛も成長するように育てていく

 

20代はまだ若く、女性ホルモンも安定する時期です。

まずは日常生活を見直して、ストレスや睡眠不足を改善することから考えてみましょう。