女性の薄毛の原因は?

生え際が薄くなった時の対処法は?

薄毛をカバーできるお洒落な髪型をしたい!

 

Original update by : 写真ac acwork

 

女性の薄毛は生え際からなる事が多く、生え際から地肌が透けて見えると年齢より老けて見えてしまいます。そこで対策法があれば改善したいですよね。

女性の薄毛の原因は様々なので、改善には自分の症状の原因が何であるかを把握し、それに合った対策をすることが大切です。

 

そこで今回は、女性の薄毛の原因と対策法についてまとめました。

 

 

女性の薄毛の気になる原因とは?

 

 

女性の薄毛の主な原因は、妊娠・出産や加齢によるホルモンバランスの乱れと血流の低下です。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠をすると女性ホルモンエストロゲンは増えますが、出産後エストロゲンは急激に減少します。この激しい変化でホルモンバランスが乱れます。

また40代半ばから50代の頃になる更年期には、女性ホルモンが減ってきてホルモンバランスが崩れます。

そして女性ホルモンは、自律神経と同じ脳の視床下部から指令を受けている為、ストレスなどを受けて自律神経のバランスが乱れると、その影響を受けて女性ホルモンのバランスも乱れる事があります。

エストロゲンには発毛・育毛を促進する働きがあるため、上記のような原因でホルモンバランスが乱れエストロゲンが減少すると、髪の生成にも影響を及ぼし薄毛を引き起こします。

血流の低下

最近は社会に出て働く女性が増えてきましたが、外に出るとストレスを受けることも多くなります。

ストレスを受けると自律神経が緊張し、血管が収縮して血行が悪くなります。すると十分な栄養が毛母細胞まで運ばれず、髪の生成に影響し薄毛になりやすくなります。

 

しかし女性の薄毛の原因はこの2つだけではありません。他にもいくつかの原因が考えられます。

睡眠不足

髪の成長を促すホルモンが最も多く分泌し、毛母細胞の細胞分裂が最も活発に行われるのが夜10時から2時の間と言われています。

この時間に十分な睡眠がとれていないと、細胞分裂の働きが損なわれ薄毛の原因になります。

喫煙・アルコールの過剰摂取

喫煙は血流を悪くするので、頭皮の毛母細胞にまで十分な栄養が行き届かず薄毛の原因となります。

またアルコールに含まれるホルムアルデヒドと言う成分は髪の生成を抑制する働きがあるため、アルコールの過剰摂取は髪の生成に影響を与え薄毛になりやすくなります。

偏った食生活

脂っこい物ばかり食べていると、毛穴が詰まって発毛をさまたげます。

また無理なダイエットをして栄養が十分取れていないと、健康で丈夫な髪が生えず薄毛になりやすくなります。

パーマやヘアカラー

髪の毛に薬剤を塗るので、地肌に刺激を与え痛める原因となり、髪の生成に影響する事があります。

環境によるダメージ

頭皮が紫外線のダメージを受け日焼けをし、地肌が乾燥すると抜け毛の原因になります。

 

 

女性の薄毛を軽減させる対策とは?

次に、原因別対策法を紹介していきます。

ホルモンバランスの乱れが原因の場合

エストロゲンと同様の作用がある、大豆イソフラボンを摂ると育毛効果が得られます。

また、自分に合ったストレス解消法を見つけてストレスをできるだけ溜め込まないようにし、心身をリラックスさせると自律神経が整い血流も良くなるので、毛母細胞まで栄養が行き届くようになります。

血流改善

血行が悪いと頭皮にまで栄養が行き届かず、ヘアサイクルが乱れて薄毛抜け毛の原因になります。

そこで、マッサージをし堅くなった頭皮をほぐして血行を良くすることで、栄養が頭皮に十分行き渡り薄毛を軽減します。

頭皮マサージ法

  • 指の腹を首あたりに置き頭頂部へ向けてゆっくり押し上げます。
  • 次に耳の上あたりに移動し同様にゆっくり押し上げます。
  • あまり強く押さず気持ちいい位の力加減で行いましょう。

生活スタイルの改善

喫煙やアルコールは控え、十分な睡眠を摂るようにしましょう。

軽い運動なども取り入れると、新陳代謝も活発になり血行も良くなるのでより良いでしょう。

食生活の改善

脂物は控え、バランスの取れた食事をするよう心がけましょう。

特に育毛効果のある大豆イソフラボンや、髪の主成分であるたんぱく質、健康な髪の育成に欠かせない亜鉛・鉄分・ビタミン類は積極的に摂りましょう。

カラーリング・パーマ

パーマの後に薄毛になると感じている人は、キュ-テイクルが剥がれた状態なので、キューテイクルを補正する成分の入ったトリートメントをシャンプーごとにするようにしましょう。

カラーリングをする時は、出来れば事前にパッチテストをして合うかどうか確かめるのが望ましいです。

またカラーリングは元の髪を脱色して色を入れるので、髪のダメージが大きくなります。そこで髪の上からコーテイングして色付けするヘアカラーなどの毛染めにすることで、髪や地肌へのダメージが少なくて済みます。

紫外線対策

外出時には帽子をかぶりましょう。紫外線対策と共に、薄毛も隠せてお洒落にも見えます。

 

 

女性で生え際が薄くなった時の対処法とは?

Original update by : 写真ac miemann

 

ポニ―テールやお団子ヘアなどのヘアアレンジで髪を強く引っ張ると、頭皮に負担がかかり、頭頂部や前髪の生え際が薄くなる原因になります。

また、いつも同じ分け目だと、引っ張られる方向が同じなので毛根に負担がかかり、薄毛に繋がります。

生え際にはシャンプーやスタイリング剤が残りやすくなります。残ったシャンプーやスタイリング剤のカスが毛穴に詰まり塞いでしまうと、髪がちゃんと生えず薄毛に繋がります。

 

そこで対処方としては、髪を縛る時は頭皮に負担がかからない様に、あまりきつくせずゆったりとゆるめに結び、結ぶ場所はいつも同じにしないで変えるようにしましょう。

そしてシャンプー時には、シャンプーやスタイリング剤の洗い残しがないように十分にすすぎましょう。

 

 

薄毛の女性でも似合うヘアスタイルとは?

女性の薄毛は、前髪や頭頂部などの生え際がなりやすいので、生え際をカバーするヘアアレンジにすると良いでしょう。

以下にポイントを挙げていきます。

分け目

分け目は定期的に変えましょう。

ずっと同じ分け目でいると段々その部分の頭皮が硬化してきて、毛根の働きを低下させ薄毛になってしまうのです。そこで分け目は時々変えるようにしましょう。

分け目を変えれば薄くなった部分も目立たなくなります。

長さ

ショートがお薦めです。

ロングやミデイアムに比べボリュームが出しやすいので、生え際の薄くなった部分を目立たなくしやすくなります。

またドライヤーをかける時間も短くて済むので、髪と頭皮に負担がかかりません。

前髪アレンジ

しっかりと厚めの前髪にしたり、長めにして流すようにしたりと、前髪のアレンジで生え際の薄さをカバーできます。長さとスタイルで似合う前髪を捜してみましょう。

また最近は薄い髪を活かして、前髪をおでこが透けるくらい薄くしたシースルーバングが流行っています。薄い髪を活かすのも今のトレンドです。

アイテムを使う

ターバンやヘアバンド・カチューシャなどのヘアアクセサリーを使って、前髪の生え際を隠してしまいましょう。

ヘアアイテムを使うことでお洒落度もアップします。

ポンパドール

無造作にゆるくトップをまとめる事で、頭頂部の生え際をカバーできます。

ボリュームをだす

パーマやレイヤーを入れボリュームを出すことで、生え際の薄さを目立たなくします。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

女性の薄毛の主な原因は、ホルモンバランスの乱れと血流の低下です。しかし原因はそれだけでなく、生活環境や食生活・パーマやカラーリングによる影響など様々です。

気になる薄毛を改善するには、その原因となっている事柄を改善する事が大切です。

 

生え際が薄くなる原因には、髪を束ねる時に強く引っ張ることでの頭皮負担や、長い間同じ分け目でいることでの毛根負担と言った女性特有の原因があります。

また生え際にはシャンプーやスタイリング剤が残りやすく、そのカスが毛根に詰まって髪の育毛をさまたげ薄毛になりやすくなります。

 

髪が薄くてもヘアスタイルを作る時のポイントに気を付ければ、気になる部分をカバーしながらお洒落なヘアスタイルが出来ます。