産後に減ってしまった髪のボリュームとバストサイズを戻したい!

大豆イソフラボンとカプサイシンには育毛やバストアップ効果がある?

摂取する時の注意点は?

 

Original update by : 写真ac ガイム

 

抜け毛薄毛の原因が出産などによるホルモンバランスの乱れの場合、女性ホルモンエストロゲンと同じ作用のある大豆イソフラボンとカプサイシンを摂取する事で症状が改善される可能性があります。

また大豆イソフラボンにはエストロゲン同様、バストアップ効果もあります。

 

今回は大豆イソフラボンとカプサイシンの育毛、その他の効果や特徴についてまとめました。

 

 

大豆イソフラボンとカプサイシンに育毛効果やバストアップ効果がある?

 

 

髪の発毛育毛を促進させるのに必要な2つの成分があります。

  • IGF-1 / 毛根に働きかけ発毛を促進する。
  • CGRP  / IGF-1の増加と働きを活性化させる。

 

この2つの成分は、私たちが日ごろ摂取している食品に含まれています。トウガラシなどに含まれる辛み成分であるカプサイシンと、大豆に含まれるイソフラボンです。

育毛促進に必要な発毛ホルモンIGF-1を作るには、CGRPと言う成分が必要になります。このCGRPを作ることが出来るのは大豆イソフラボンだけです。カプサイシンはCGRPを作れませんが、CGRPの生成を促進させる効果があります。

 

そこでイソフラボンとカプサイシンを一緒に摂る事で、発毛を促進させる成分とその働きを活性化させる成分の相乗効果により育毛効果が期待できます。

またカプサイシンには新陳代謝を活発にさせる効果があるので、カプサイシンを摂ると全身の血行が良くなるため頭皮の血行も良くなり、頭皮にまで充分な酸素と栄養が行き渡るので健康で丈夫な髪が生えてきます。

イソフラボンのバストアップ効果

女性の乳房には「乳腺」と言う、母乳を作るための細胞の集まりがあります。その乳腺を守る働きをしているのが脂肪細胞です。

女性ホルモンエストロゲンには乳腺の発達を促す働きがあります。乳腺が発達すれば乳腺を守る脂肪細胞も増えてバストアップに繋がります。

大豆イソフラボンにはエストロゲンに良く似た働きがあるので、大豆イソフラボンを摂るとエストロゲンと同様に乳腺を発達させ、脂肪細胞が増えてバストアップさせる効果があります。

 

 

大豆イソフラボンの効果と特徴とは?

大豆イソフラボンの主な働きは以下の2つです。

  • エストロゲン様作用
  • 抗酸化作用

 

この2つの働きによりもたらされる効果をそれぞれ見ていきましょう。

エストロゲン様作用による効果

女性ホルモンエストロゲンと同様な作用をします。

【美容面】

  • 肌の張りや潤いをキープ
  • バストアップ効果

【健康面】

  • 骨粗しょう症の予防
  • 更年期のケア
  • 動脈硬化の予防

抗酸化作用の働き

体内に発生する活性酸素は、本来外敵から身を守る働きをします。しかし増えすぎると自身の細胞を攻撃してしまい、老化の原因を作ってしまいます。

イソフラボンの抗酸化作用は、その活性酸素を除去してくれます。

抗酸化作用による効果

【美容面】

  • 肌トラブル(しみ・しわ・くすみ)の改善
  • ダイエット効果

【健康面】

  • 生活習慣病の予防
  • がん対策
  • 血流改善
  • 内臓のアンチエイジング

 

大豆イソフラボンには血中のコレステロール値の上昇を抑える働きもあり、これによりドロドロの血をサラサラに改善するので動脈硬化を予防します。

また血流がスムースになることで酸素と栄養が身体の隅々まで行き渡るので、冷えや抜毛薄毛・肌老化を改善する効果もあります。

特徴

大豆イソフラボンは大豆の中にわずか0.2~0.4%ほどしか含まれていない貴重な成分で、胚芽の部分に多く含まれています。

またイソフラボンはエストロゲンと同じ作用をする反面、正反対にエストロゲンの働きを抑える作用も持っています。この作用により乳がんや子宮がんのがん細胞を抑える働きをします。

イソフラボンにはホルモンの過不足を調整してくれるという特徴があるのです。

 

 

カプサイシンの効果と特徴とは?

Original update by : 写真ac チョコラテ

 

カプサイシンの効果

  • 舌や胃を刺激し、食欲を増進させる。
  • 中枢神経を刺激しアドレナリンの分泌を促すことでエネルギー代謝を盛んにし、体内の脂肪分解を促進するのでダイエット効果がある。
  • 体内に蓄積された疲労物質を分解しやすくするので、疲労回復効果がある。
  • 保温効果があり、血行を促進し、冷えやむくみ肩こりの改善効果がある。
  • 白血球の活動を活性化させるので、免疫力をアップさせる効果がある。
  • 頭皮の毛乳頭に刺激を与え活性化させることによって、発毛を促進させる効果がある。

特徴

  • 熱に強く火を通しても成分が壊れないので、色々な料理に幅広く使うことが出来る。

 

 

大豆イソフラボンやカプサイシンを摂取する時の注意点は?

イソフラボンを摂取する時の注意点

大豆アレルギーの方は、サプリメントや機能食品であってもイソフラボンの成分が入っている場合は摂取を控えて下さい。

食品安全委員会によって出されている評価案では、イソフラボンの1日の摂取量の上限は70~75㎎で、サプリメントで摂取する場合は1日当たり30mgまでが望ましいとされています。

大豆イソフラボンは植物性エストロゲンと言われ、身体への作用も優しく特に問題な副作用はないとされていますが過剰摂取はくれぐれも控えましょう。

カプサイシンを摂取する時の注意点

カプサイシンは摂りすぎると粘膜を傷つけるため、胃壁を荒らしたり味覚障害になったり痔になったりするので過剰摂取は控えましょう。

カプサイシンの摂取はアドレナリンの分泌を促しますが、本来アドレナリンは身の危険を感じた時などのストレス回避のために分泌されるものなので、カプサイシンの過剰摂取によりアドレナリンが多量に分泌されると、感情をコントロールする大脳辺縁系が阻害されてうつ病やパニック障害の原因になる可能性があります。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

大豆イソフラボンとカプサイシンは、一緒に摂る事でそれぞれの成分と働きの相乗効果により育毛を促進する効果があります。

イソフラボンは女性ホルモンエストロゲンと同様の作用があるため、バストアップ効果も期待できます。

大豆イソフラボンとカプサイシンには他にも美容面・健康面で様々な効果があります。

ただし、両者とも過剰摂取はかえって身体に良くない影響を与えるので、摂取量にはくれぐれも注意しましょう。