どんな育毛剤が効く?

おすすめの育毛剤が知りたい!

育毛剤以外で頭皮環境を整える事は?

 

Original update by : 写真ac putimelati

 

薄毛が気になりだして育毛剤を買おうと思っても、あまりにも数多くの種類が出ていると選ぶのに困ってしまいますよね。

また女性の薄毛は原因が様々なので、商品によって効果効能が異なるため、合わないものを買ってしまうと十分な効果を得られません。

 

そこで今回は、育毛剤成分の効果・効能や、実際に効果があったと評判の高い女性用育毛剤についてまとめました。

 

 

女性用育毛剤を選ぶ際のポイントとは?

 

 

女性用育毛剤を選ぶ時に抑えておきたいポイントを紹介します。

女性用育毛剤を選ぶ時のポイント

自分の症状に合った育毛剤を選ぶ

男性と違い女性の薄毛の原因は様々です。そして育毛剤も、配合成分によって働きかけや効能が異なります。

その為いくら良い物であっても、自分の症状にあっていないものだと十分な効果を得られません。そこで自分の症状を把握して自分に合った育毛剤を選ぶ事が大切です。

 

以下に、原因別の育毛剤を選ぶ時のポイントを挙げておきます。

ストレスが原因の抜け毛には

ホルモンバランスを整える成分配合の物が良いでしょう。

有効成分:キョウジ・オウゴンリキッド・ヒオウギ・カンゾウ・オトギソウエキス

成長途中の抜け毛には

抜け毛に短い毛や細い毛がある場合、成長途中で抜けてしまっている可能性があります。そこでヘアサイクルを整え毛根に栄養を届けるために、血行改善してくれる物が良いでしょう。

有効成分:
ヘアサイクル改善 ⇒ ボダイジュエキス
血行改善 ⇒ ショウヤクエキス・トウキエキス

頭皮が乾燥してかゆみやフケが気になる場合

保湿成分が配合された物が良いでしょう。

有効成分:トレハロース・ヒアルロン酸・ベニバナエキス

頭皮のべたつきが気になる場合

雑菌が繁殖している可能性があるので、抗菌作用のある物が良いでしょう。

有効成分:ウイキョウ・ペパーミント・キョウジ

 

他にも、女子専用育毛剤に多く配合されている有効成分を挙げておきます。

  • センブリエキス 
    育毛効果がある。
  • エビネランエキス
    育毛効果がある。
  • アロエエキス
    アロエに含まれるタンニン酸は、細胞を活性化し再生させる効果がある。
  • ヒオウギエキス
    女性ホルモンエストロゲンに似た働きをする、
    イソフラボン誘導体と言う成分を多く含む。
  • 昆布エキス
    昆布などの海藻類には、ミネラル・フコダインなどといった、
    髪に良い成分が豊富に含まれていて、多くの育毛剤に配合されている。
  • ショウキョウエキス
    血行促進・抗菌・抗酸化・保湿などの効果がある。
  • チンピエキス
    抗炎症作用・鎮静作用・活性酸素除去作用・皮脂合成抑制作用などがある。
  • 酢酸DLトコフェロール
    ビタミンE誘導体の一種。血行促進・肌荒れ防止・抗酸化作用がある。
  • ニコチン酸アミド
    ビタミンB群の一種。毛細血管の拡張・血行促進効果がある。
    ナイアシンアミド・ビタミンB3とも呼ばれる。

 

薬用育毛剤である事

育毛剤には大きく分けて、薬用化粧品に分類されるものとがあります。

薬用とされるものは病院で処方されるものと同じ成分が入っていたり、効果効能が認められている成分が配合されています。

一方化粧品とされる方は、薬用の物を使用する事が認められていないので、殆どの物が保湿成分位になっています。

無添加やナチュラル成分の物

育毛剤の効果を実感できるようになるまでには、おおよそ3カ月ほどかかります。

長い間継続して使用する事になるので、頭皮に負担のかからない成分を使用している無添加やナチュラル成分の物が安心です。

返金保証がついているもの

育毛剤はしばらく使ってみなければ効果は分かりません。

安い買い物ではないので、使ってみて自分に合わなかったとき、返金保証がついていれば安心です。

値段が高過ぎず安過ぎない事

あまり安すぎると、有効成分以外の物も入っている可能性があり、効果もあまり期待できません。

またあまり値段が高いと、続けていくのが大変になってしまいます。

口コミなどで評判が良い事

やはり、実際に使った人の評価が良いというのは安心です。

ネットなどでも実際に使用した人の感想などが書かれていますので、それらのコメントを読んでみたり、お店で売れ筋の商品を聞いてみたりするのも良いでしょう。

 

これらのポイントを育毛剤を選ぶ時の参考にして見て下さい。

 

 

今お薦めの女性用育毛剤の徹底比較ランキングはコレ!

実際に口コミなどで人気のあった育毛剤のランキングを紹介します。

1位:マイナチュレ

世界基準の品質審査をクリアした安心安全な無添加成分配合で、敏感肌や産後でも安心して使えます。

医薬部外品の薬用育毛剤として厚生労働省の承認を取得。育毛・発毛促進・脱毛予防などの効果効能も認められています。

髪の悩みを幅広くカバーする天然成分をたっぷり配合。ハリ・コシ・ボリュームのある髪へと導いてくれます。

長期(180日)返金保証あり。

2位:ベルタ育毛剤

成分の99.6%が天然由来成分。

天然保湿成分を豊富に配合する事で頭皮の乾燥を防ぎ、髪が育ちやすい頭皮環境をサポートします。

3位:花欄咲(からんさ)

血行促進作用のあるエビネランスエキス配合。毛乳頭や毛母細胞への血流をアップする事で、栄養が十分に運ばれ健康な髪へと導きます。

他にも毛母細胞の分裂を促進するセンブリエキス、毛穴の汚れを除去してくれるローズマリーエキスなども配合。

4位:デルメッドヘアエッセンス

女性ホルモン減少による薄毛対策に開発された育毛剤。育毛成分CTPが女性特有の薄毛の原因にアップローチします。

加齢による薄毛抜け毛が気になる場合の毛根へ働きかけ、しっかりとした髪が生えるようにサポートします。30代後半~50代の更年期世代の女性にお薦めの育毛剤です。

 

 

今お薦めの女性用育毛剤の人気の理由とは?

Original update by : 写真ac bur

 

ランキングに入った女性用育毛剤の人気の理由をまとめました。

マイナチュレ

  • 実際に使用した方々からの抜け毛が減った、ハリコシが出てきてボリュームが増えた、
    毛が太くなったなどの声が多数だった。
  • 厚生労働省の承認を取得。薬用育毛剤の効果効能が認められている。
  • あらゆる髪のトラブルに対応できるので、どのようなタイプの症状でも効果が期待できる。
  • 返金保証の期間が長いので効果が出るまで安心して使える。

ベルタ育毛剤

  • 1日1回の使用でOK.。
  • 効果を実感できるまでの期間が速いという声多数。

花欄咲(からんさ)

  • 薄毛で悩む女性の多くは頭皮の血流が低下しているため、
    血行を促進してあげる必要があります。
  • こちらの育毛剤は血行促進にとても効果があるとされるエビネランスエキスを配合。

デルメッドヘアエッセンス

  • 女性ホルモンの働きに着目して開発されている。

 

 

頭皮環境を内側から整える生活環境とは?

健康な髪の育成の為に、育毛剤などで外側から頭皮環境を整える事は大事ですが、いくら外から良い物を与えても、元々の頭皮環境状態が悪ければ有効成分を効率よく吸収する事はできません。

そこで、内側からのアプローチも大切になってきます。

頭皮環境を整えるための内側からのケア

頭皮環境には、生活習慣と食事が大きくかかわってきます。

生活習慣

睡眠

髪の毛を生成する毛根細胞の細胞分裂が、最も活発に行われるのが夜10時~2時とされています。この時間帯に十分な睡眠を摂っていないと、細胞分裂の働きが損なわれ髪の育成に影響します。

質の良い睡眠は、健康な髪と頭皮を作ります。

適度な運動

適度な運動は血行を促進させ、頭皮の状態を改善します。

ストレスを溜めない

ストレスがかかると毛細血管が収縮して、必要な栄養が頭皮に届かなくなります。

ストレスを全く溜め込まない事は難しいので、出来るだけストレスを溜め込まないように、自分の好きな事を見つけるなどストレスを発散する方法を見つけてリラックスできる時間を作りましょう。

過度のアルコール摂取と喫煙

アルコールに含まれるホルムアルデヒドと言う成分は、抜け毛を促進させます。

また喫煙は血行を悪くさせるので、頭皮に栄養が行き届かなくなります。

食事

健康な髪の毛を育成させる頭皮環境作りと、健康な髪には食事もとても大切です。

次に頭皮と髪に良い成分を紹介しますので、毎日の食事に取り入れるようにしましょう。

カプサイシンとイソフラボン

トウガラシなどに含まれるカプサイシンの刺激が脳に伝わると、毛母細胞の働きが活発になり、発毛ホルモンIGF-1が分泌されて発毛を促進します。

この発毛ホルモンIGF-1を作るには、CGRPというホルモンが必要になります。CGRPを作ることができるのは大豆に含まれるイソフラボンだけです。

また、カプサイシンはCGRPを作る事はできませんが、CGRPの生成を促進させる働きがあります。

そこでこの2つの栄養素は単独ではなく一緒に摂ると、相乗効果で育毛効果が高くなり薄毛抜毛を改善します。

亜鉛

牡蠣やレバーに含まれる亜鉛は、髪の毛の90%を占めるケラチンアミノ酸を合成します。

また抜け毛の原因となる、5aリダクターゼ酵素を抑制します。そのため抜け毛が減り健康な髪が育成されます。

ビオチン

毛細血管の血流を良くする働きがあり、髪の毛を作り出す毛母細胞を活性化させます。

またビオチンにはたんぱく質の生成を助ける働きがあるので、たんぱく質を主成分とする髪の育毛にも効果的です。

ビタミン類

脂の多い食事をすると、頭皮がベタベタになったり毛穴が詰まったりします。また血流が悪いと毛根まで栄養が届きません。

ビタミン類の中には皮脂の分泌をコントロールしたり、血液の流れを改善する効果のある物があります。

その働きにより余分な皮脂が抑えられ頭皮の乾燥を防いだり、頭皮に十分な酸素と栄養素が運ばれるので健康な髪の毛が育ちます。

ビタミンB2・B6

豚肉・レバー・大豆・まぐろ・かつお・さんまなどに多く含まれます。

細胞の代謝を促進する働きがあるため、毛母細胞の分裂が活発に行われるようになります。

またビタミンB2には皮脂の分泌をコントロールする働きがあり、ビタミンB6には髪の毛の主成分であるケラチンたんぱく質が作られるのを助ける働きがあります。

これらの働きにより健康な髪が生えるようになります。

ビタミンC

アセロラ・柿・いちご・柑橘系フルーツに多く含まれます。

コラーゲンの生成を助け、粘膜や血管を強くします。

これにより頭皮への栄養が運ばれやすくなるので、頭皮に十分な酸素と栄養が行き渡り、健康な髪の育成を助けます。

また皮脂の分泌を抑える働きにより頭皮の乾燥などを改善し、健康な髪の生えやすい頭皮環境にします。

ビタミンE

アーモンドなどのナッツ類に多く含まれます。

老化防止効果があります。血管を広げて毛乳頭に栄養をスムースに運びます。

この働きにより頭皮に栄養が行き渡り、健康で太い髪が生えるようになります。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

女性用の育毛剤を選ぶ際のポイントがいくつかあります。購入時にはそれらのポイントをチェックしましょう。

女性の薄毛の原因は様々です。そして育毛剤もアプローチする症状によって配合されている成分も効果効能も異なります。

効果を十分得るためには、自分の症状に合った育毛剤を選ぶようにましょう。

 

いくら良い育毛剤を使っても、元々の頭皮環境が悪ければ十分な効果を得られません。そこで生活環境の改善や食事など、内側からのケアも大切になってきます。

内側から頭皮環境を整え、外側から有効成分を与えてあげる事で、頭皮トラブルは改善されます。