シャンプーやコンディショナー無しで本当にキレイになるの?
どんな効果があるの?




Original update by :写真 AC



髪のパサつきや抜け毛などの髪のトラブルが気になって、シャンプーを変えてみたり毎日何回も髪の毛を洗ったりしていませんか?

実は、シャンプーを変えたり何度も髪を洗うのは逆効果で髪のトラブルを悪化させる場合があります。

ここでは、パサつきや抜け毛などの髪のトラブルで悩んでいる方に知っていただきたい、湯シャンについてまとめました。


湯シャンとはどういうもの?

湯シャンとは、シャンプーを使わずにお湯だけで髪の毛や頭皮を洗う方法です。

実は、シャンプーには頭皮に刺激のある洗浄成分が配合されている為、使用を間違えると頭皮環境が悪くなり「フケ」や「頭皮の痒み」「薄毛」の原因となります。もちろん、シャンプーを全くしないと頭皮の汚れが溜まって頭皮環境は悪化します。

しかし、あまりにも洗浄力が強いシャンプーなどを使うと頭皮の皮脂を奪い過ぎてしまい、頭皮は乾燥します。



すると頭皮は皮脂を過剰に分泌させ、今度は汚れや雑菌を寄せ付けてしまい、毛穴を詰まらせてしまうのです。特に界面活性剤は、頭皮や髪に大きなダメージを与えるので注意が必要です。

シャンプーで注意したい主な成分を以下に記載します。

・ラウリル硫酸ナトリウム
洗浄力が非常に強い成分です。この成分は分子が小さく、すすぎがあまいと頭皮に残りやすい点も頭皮に良くない理由のひとつといわれています。

・ラウレス硫酸ナトリウム
市販されるシャンプーの多くに使用される界面活性剤です。ラウリル硫酸ナトリウムより刺激は少ないとされていますが、それでも利用し続ける事で頭皮にダメージを与え、皮膚トラブルを引き起こしてしまう原因になります。


湯シャンの正しい方法とは?

湯シャンの方法とは「お湯ですすぐだけ」なのですが、やり方を間違えてしまうと、ベタつきや悪臭の原因になってしまいます。

湯シャンを行う場合は以下の正しい方法で行うようにしましょう。

1.髪を洗う前にしっかりとブラッシング。

髪を洗う前に余計な皮脂や汚れを落とす必要があります。

ブラッシングで髪の汚れは、6~7割落ちると言われています。
丁寧に、念入りにブラッシングをする事で、毛先のもつれを防ぎ、頭皮の汚れが落ちやすくなります。



また、頭皮をほぐす事で血行促進の効果もあります。

使用するブラシや櫛は、獣毛や木櫛など昔からあるタイプの物が良く汚れが落ちるのでおすすめです。

2.お湯は34度~42度。

湯シャンで必要な「お湯」そのものに洗浄力があります。お湯の温度が高くなるほど洗浄力は上がり、40度以上になるとシャンプーと同じ程の洗浄力を発揮します。

ちなみに、髪のベタつきが気になる場合は温度を高めに設定すると、ベトベトすることが無くなります。



ただし、温度が高いと頭皮の乾燥に繋がるので注意が必要です。また、洗う時間が長いと皮脂を取り過ぎてしまうので注意が必要です。

湯シャンの時間は3~5分程にしておきましょう。

3.しっかりと乾かす。

自然乾燥も、タオルでゴシゴシと乾かすのも頭皮の環境を悪くしてしまいます。

タオルで髪を包み込むようにポンポンと優しくたたいて、水分を吸収するようにしましょう。
ドライヤーで乾かす際には、乾燥を防ぐ為に高温では無く冷風を使用するのがオススメです。

湯シャンによるメリットとは?


Original update by : 写真 AC


湯シャンの1番のメリットは、シャンプーによる刺激で頭皮を傷つけるリスクや、皮脂の洗い落し過ぎを防止し、頭皮トラブルの改善や予防ができる事です。



皮脂本来の働きは、頭皮の表面を覆うことで外敵からの攻撃を守り、乾燥やトラブルを起こさない様にする事です。

今までシャンプーを使用していた方にとっては、洗いあがりのすっきり感が物足りないと感じるでしょう。



しかし、シャンプーを使わない事で頭皮にダメージを与える界面活性剤に触れる機会が無くなり、シャンプーによるトラブルも解消され、頭皮を傷つけるリスクも最小限に抑えられます。

一度慣れてしまえば、手間いらずで、界面活性剤による頭皮や肌のダメージを予防できるのです。


・頭皮の皮脂を洗い落としすぎないこと
・肌や頭皮にダメージを与えないこと
・皮脂量が安定し、乾燥などの肌トラブルが少ない事
・シャンプー代がかからず経済的



以上が湯シャンのメリットといえるでしょう。

湯シャンは薄毛や抜け毛予防にも効果があり、育毛が促進されることもあり 、抜け毛・薄毛対策としても中高年男性にも人気です。



とても簡単な方法なので、誰でもできる所も湯シャンの良いところです。

湯シャンのデメリットとは?

反面、湯シャンには以下のようなデメリットもあります。

初期が大変な事。

シャンプーを使っていた人がいきなり湯シャンをすると、髪のゴワツキに悩まされます。
いきなりの湯シャンは違和感があるため、徐々に始めるのがオススメです。

髪にゴミがつきやすい。

シャンプーやコンディショナーには界面活性剤が入っており、感触剤が髪に残留し、滑りを良くしている為シャンプーを使った髪にはゴミがつきにくいのです。

湯シャンのみだとホコリがつきやすい事になります。

良く洗わないとベタつく、臭い。

特に髪の長い女性がこのデメリットをあげています。

今までシャンプーで落とし過ぎていた皮脂の分を出そうとするので、一時的ですが皮脂の分泌が増える 、あるいは増えたと感じます。
そして、焼肉などの髪についた臭いはお湯だけでは落ちにくいようです。

すぐに効果は出ない。

湯シャンの効果を感じられるのは早くても半年、長いと2~3年かかる場合もあります。

効果を感じるのに時間がかかるのは我慢できない、という方は、湯シャンをする回数を減らし
2~3日に1度はシャンプーを使うなど、我慢せずにできる方法で気長に湯シャンをしていきましょう。



他にも、

・洗髪時の香や感触が楽しめない
・ブラシの手入れを念入りにしないといけない
・スタイリング剤が使えない
・シャワーを念入りに行うので水光熱費が上がる



などのデメリットがあります。


まとめ

いかがでしたか?


・湯シャンとは、お湯だけで髪の毛を洗う事。
・ブラッシングとぬるま湯だけで髪の汚れは十分に落ちる。
・湯シャンによって界面活性剤による刺激から頭皮や肌を守る。



いきなり湯シャンを始めるのに抵抗がある方は、湯シャンと通常の洗髪を交互に行うと良いでしょう。
そして、徐々に湯シャンの回数を増やし、慣れていくのがオススメです。



また、

・痒みが出る
・フケがたくさん出る
・頭皮が赤くなる


などの皮膚トラブルが発生した場合は湯シャンを中断して皮膚科で診てもらいましょう。



湯シャンだけでは頭皮環境が良くならない事もあります。
ヘアケアだけではなく睡眠、食事などの生活習慣も大きくかかわります。

正しい方法で湯シャンをするとともに、健康的な生活も心がける事が大切です。