産後の薄毛は治る?

産後の薄毛はいつまで続くの?

シャンプーや育毛剤で治る?

 

Original update by : 写真ac miemann

 

出産は嬉しい事ですが、産後ママにとっては悩ましいこともあります。

その一つが「産後の抜け毛薄毛」です。6割の人が経験しているという産後の抜け毛は、心配になるほどごっそりと髪が抜けてしまいます。

産後の薄毛は必ず治ると言われますが、恐ろしい程抜けると、本当に戻るのか心配になりますよね。

 

そこで今回は、産後の薄毛が治るまでにかかる期間について、また、薄毛に良い対策法をまとめました。

 

 

産後に薄毛が多い原因とは?

 

 

お風呂の排水口が抜けた毛で真っ黒になるほど抜けてびっくりする人も多いと言いますが、なぜそんなにたくさん髪の毛が抜けてしまうのでしょう。

産後の抜け毛には、以下のような原因が考えられます。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • ストレスや睡眠不足、栄養不足、血行不良
  • 骨盤のゆがみによる血行不良

 

ホルモンバランスの乱れ

女性は妊娠をすると、赤ちゃんを守る身体になるため女性ホルモンが増加します。

しかし、無事出産を終えた身体はもう大量の女性ホルモンを必要としなくなるため、急激に女性ホルモンが減少します。

この急激な変化に体がついていけず、様々な不調が起こります。その一つが産後の抜け毛です。

ストレスや睡眠不足、栄養不足、血行不良

また、ホルモンの急激な減少だけでなく、ストレスや睡眠不足・栄養不足・血行不良なども産後の抜け毛の原因になります。

数時間ごとの授乳や赤ちゃんの夜泣きで、ママは十分な睡眠が摂れず睡眠不足になります。また、慣れない育児の不安とイライラで、心身ともに疲れて精神的ストレスもかかります。

睡眠不足やストレスは、自律神経の働きや成長ホルモンのバランスを乱し、髪の育成にも影響を及ぼします。

日中も赤ちゃんの世話と家事で忙しく、ゆっくり食事をする時間もないため、簡単な食事で済ます事が多かったり、妊娠時の体重増加を減らそうと無理なダイエットをしたりして栄養不足になると、十分な栄養が行き渡らず髪の生成に影響して薄毛の原因になります。

骨盤のゆがみによる血行不良

また、出産をすると骨盤が広がりゆがんでしまうため血行が悪くなります。

全身の血行が悪くなるという事は、頭皮の血行も悪くなるので、頭皮に栄養が行き渡らなく薄毛の原因になります。

また骨盤のゆがみは子宮を圧迫し、血流を悪くして卵巣に栄養を供給できなくなる事で、卵巣で担っているエストロゲンの生成が滞り抜け毛の原因になるとも言われています。

 

 

産後の抜け毛の期間はどれくらい続く?

産後の抜け毛の経過は、髪の長さや元々の髪の量・妊娠時に増えた量などでも変わりますが、一般的に、出産後2~3か月後くらいから抜け毛が始まり、半年後くらいが抜け毛のピークで、大体1~1年半ほどで元の量に戻ると言われています。

しかし、産後の回復が思わしくない人やストレスの影響を受けやすい人などは、治る期間が長引く事があります。

また、若い人ほど毛根の働きは活発で、加齢とともに毛根の働きは弱っていくので、高齢出産の人の方が産後の薄毛が治る期間が長引き、その後も髪質が弱くなるなどの影響が出やすい傾向があります。

 

最近は昔に比べて結婚・出産の平均年齢も上がって来ているので、高齢出産の人も多く、産後の薄毛回復に悩んでいる女性も増えています。

 

 

産後に出来る薄毛対策は?

Original update by : 写真ac buri

 

産後の薄毛対策としては、まず以下の3つの事が重要になります。

  • 栄養のある食事を摂る
  • 質の良い睡眠を摂る
  • ストレスを溜めない

 

では、それぞれの対策法を詳しく見ていきましょう。

栄養のある食事を摂る

産後、赤ちゃんの授乳に母体は大量のカロリーと栄養を消費します。その為、髪にまで栄養が行き届きにくくなり、抜け毛や薄毛にも影響します。

そこで、髪の育成に良い、栄養のある食べ物を摂ることが大切になります。特に髪に栄養のある成分はカルシウム・タンパク質・ビタミンB群・ミネラルです。

それぞれを多く含む食材を挙げておきましょう。

カルシウム

<働き> 髪につやとコシを与えます。

<食材> 牛乳・チーズ

タンパク質

<働き> 健康な髪を作る元となります。

<食材> 大豆類・魚類・肉売類

特に大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをし、髪の生成を促すので積極的に摂ることをお勧めします。

ビタミンB群

<働き> 頭皮の環境を整え髪を作り出す働きがあります。

<食材> 豚肉・レバー・大豆・まぐろ・かつお

髪の主成分となるケラチンはビタミンB6によって作られます。

ミネラル

<働き> 健康な髪を育てます。

<食材> 亜鉛・鉄分 ワカメひじきなどの海藻類・ほうれん草・レバー

 

これらの食材は健康な髪を生成する栄養素となるので、毎日の食事に積極的に取り入れながらバランスの取れた食事をしっかり摂る様にしましょう。

質の良い睡眠を摂る

産後は、授乳や赤ちゃんの夜泣きでゆっくり寝る事ができず、睡眠不足になりがちです。

しかしあらゆる成長ホルモンは、夜10時~2時頃の間に一番活発に分泌されます。髪の成長ホルモンもこの間に最も活発に分泌されます。

そこで、十分な睡眠を摂ることが、髪の育成にも影響してくるのです。

また睡眠不足が続くと、自律神経が乱れ血行不良を起こし、抜け毛薄毛の原因になってしまうので、質の良い睡眠を摂ることは抜け毛薄毛、そして産後の疲れた体の回復にとても必要な事なのです。

ストレスを溜めない

産後は慣れない育児と家事の両立、育児に対する不安などでストレスが溜りがちです。

加えて最近は、昔と違って核家族化の傾向にあるため、育児の相談をする人が傍に誰もいなくて一人で、すべてを抱え込んでしまうママさんも多いのです。

ストレスが溜ると体にも心にも負担がかかり、自律神経やホルモンのバランスが乱れて髪の育成にも影響してきます。

そこで、ストレスをなるべく溜めないように、好きな事やリラックスできる事を見つけ、忙しい中でも自分の時間を持ち、ストレスを少しでも発散させる事がとても大切になってきます。

 

 

また産後の薄毛対策としてはシャンプーや育毛剤の活用も効果的です。

産後はホルモンバランスの変化で頭皮が敏感になっています。そこで、頭皮に負担がかからない低刺激で無添加・自然素材が成分のシャンプーがお薦めです。

洗浄成分に頭皮と同じ、弱酸性のアミノ酸系洗浄成分を使用している物を選ぶようにしましょう。

 

育毛剤も、最近では産後の薄毛のための使用を目的とした、頭皮に刺激のない物が出ています。

育毛成分では「キャピキシル」と言う成分がとても効果があると言われていますので、購入時に成分表示で確認すると良いでしょう。

 

頭皮と髪に優しいシャンプーや育毛剤を活用し、頭皮環境を整える事で、薄毛の解消にも繋がっていきます。

ここに口コミなどで人気の産後の薄毛にお薦めの育毛剤とシャンプーをいくつか紹介しておきましょう。

産後の薄毛にお薦めの育毛剤

ベルタ育毛剤

産後の薄毛に悩む女性に評判の高い薬用育毛剤。

成分の99%が天然由来で人工的な添加物は一切使用して入ません。32種類の天然由来成分を配合。これらが毛穴の奥まで浸透し育毛を促進します。

マイナチュレ無添加育毛剤

頭皮に優しい10種類のアミノ酸・27種類の天然由来成分が頭皮環境を整え育毛を促進します。

haru スカルプ プロ

最近話題の発毛・育毛成分キャピキシルを配合。

100%天然由来成分、ノンシリコンのアミノ酸系シャンプーです。リンス不要なので時短にもなり、忙しいママには最適です。

マイナチュレ無添加シャンプー

無添加ノンシリコンのシャンプー、頭皮環境や育毛をサポートする成分を配合。

ノンシリコンながら泡立ちも良く、有効成分の地肌への浸透力を考えて作られたシャンプーです。マイナチュレの育毛剤と併用するとより効果的です。

 

 

産後の薄毛の治療方法とは?

一般的に産後の薄毛は病気として扱われないので、病院での治療は基本的には受けられず、自宅での対策が薄毛の治療となります。

そこでまず、

  • 睡眠不足の解消
  • ストレス解消
  • 栄養のあるバランスの取れた食事を摂る

 

この3つを試みて、それでも薄毛が良くならなかったり、治る期間が1年半以上と長引くようなら、病院に行くことをお勧めします。

産後の主な薄毛の原因はホルモンバランスの変化によるところが大きいので、受診科は産婦人科が良いでしょう。

できれば妊娠出産の時にかかっていた産婦人科であれば、詳しく知る担当医もいますし、カルテやデータもあるので、薄毛がなかなか治らない原因もわかりやすいでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

産後の薄毛は主に、女性ホルモンの急激な変化・ストレス・栄養不足・睡眠不足などが原因で起ります。

個人差はありますが、薄毛は産後2~3か月後くらいから始まり半年をピークに1年~1年半ほどで元に戻ります。

しかし高齢出産になるほど、薄毛が治る期間は長引く傾向にあり、最近は出産年齢が上がって来ているので薄毛に悩む女性も増えてきています。

 

薄毛対策には、十分な栄養と十分な睡眠、ストレスを溜めないことが重要になってきます。

また産後の薄毛に合ったャンプーや育毛剤を活用する事も薄毛対策に効果的です。

 

産後の薄毛は1年ほどで必ず元に戻りますが、あまりにも改善が見られない場合や期間が長引く場合には産婦人科を受診して相談してみると良いでしょう。