自然乾燥とドライヤだと髪にはどちらがいいの?

髪が痛まない乾かし方は?

傷んだ髪は元に戻る?

Original update by : 写真ac akworks

 

実は、自然乾燥もドライヤーも、やり方を間違えると頭皮環境を悪化させて、抜け毛や薄毛の原因になります。

頭皮環境を綺麗に保ち、抜け毛や薄毛を予防するには正しい髪の乾かし方があります。

 

ここでは、自然乾燥とドライヤーで乾かすことのメリットデメリット、髪を傷めない正しい乾かし方、そしてすでに傷んでしまった髪のケア方法をまとめています。

 

 

自然乾燥とドライヤー、髪にいい乾かし方とは?

 

 

シャンプー後に髪を乾かす時、自然乾燥する人とドライヤーで乾かす人は約半々くらいですが、髪にとってはどちらの方が良いのでしょう。

実は、自然乾燥もドライヤーも、どちらもメリット・デメリットがあります。

自然乾燥のメリット

時間と手間がかからない

洗い上がった後ドライヤーをかける時間を取られないので、その間に好きな事ができる。

乾かし過ぎがない

ドライヤーの様に乾かし過ぎる事がないので、髪のパサつきを防ぐことが出来るし、また熱風によるダメージも受けない。

電気代を節約できる

実はドライヤーの電気代は意外とかかるので、自然乾燥にすれば電気代を節約できます。

自然乾燥のデメリット

雑菌が繁殖しやすい

長い時間髪と頭皮を濡れたままにしておくと雑菌が繁殖しやすくなり、かゆみやフケ・抜け毛の原因になります。

キューテイクルのダメージを受けやすい

濡れた髪はキューテイクルが開いたままになっているので、摩擦でキューテイクルが傷つき、ダメージを受けやすくなります。

頭皮の血行が悪くなる

生乾きのまま放置すると、頭皮が冷たくなって血行が悪くなり、頭皮や髪に栄養が行き渡らなくなるので細毛や抜毛の原因になります。

ドライヤーのメリット

雑菌の繁殖を防ぐ

素早く乾かすので、雑菌の繁殖を防ぐことが出来ます。

キューテイクルが痛まない

キューテイクルが整い髪の栄養を外部に逃さないので、キューテイクルが剥がれて起こる、髪のパサつき痛みを防ぎます。

ドライヤーのデメリット

乾かし過ぎ

乾かし過ぎてしまう事により、頭皮と髪を痛めてしまいます。

熱風によるダメージ

ドライヤーの熱風で、頭皮と髪が乾燥したり火傷のような状態になることで、頭皮も髪もダメージを受けてしまいます。

 

このように、どちらにもメリとデメリットがあります。

髪に良いのはシャンプーの後なるべく早く乾かすことです。しかし熱風をずっと当て続けるのも良くありません。

そこで髪に良い乾かし方のポイントは、自然乾燥とドライヤーの良いところを使うことです。

まずしっかりタオルドライをし、その後、熱風を髪と地肌に直接長く当てないように頭皮から20cmほど離した位置から、8割ほどまで乾かします。

最後は冷風に切り替えると、頭皮と髪の熱を冷まし、毛穴とキューテイクルを引き締める事ができます。

 

 

ドライヤーで髪の毛が抜ける理由とは?

毎回髪を洗った後にドライヤーをかけると、髪が沢山抜けているように思えて心配になりませんか?

人の髪の毛は通常、1日で50~100本ほど抜けます。

その髪が抜けるタイミングが多いのが、ブラッシングの時・髪を洗った時・髪を乾かしている時なのです。

髪を洗った時に抜けきらなかった髪が、乾かしている時に抜けるとより多く感じることもあります。

 

そこで、ドライヤーをかけて抜ける髪が20本くらい=1日の抜ける範囲なので心配する事はありません。ただし長時間髪と頭皮に熱風を当てすぎると、髪と頭皮への負担が大きくなり抜け毛の原因にもなりかねません。

多くの場合は沢山抜けているように感じているだけの事か多いのですが、心配であればドライヤー時に何本位抜けたか確認してみるのがいいでしょう。

 

 

髪の毛が痛まない正しい乾かし方とは?

Original update by : 写真ac akworks

 

頭皮環境を良好に保つために、正しい髪の乾かし方を意識するようにしましょう。

髪が痛まない上手な乾かし方

  • シャンプー後、髪をタオルで覆い頭皮と髪を抑えるようにして水気を取ります。
  • 髪をタオルで両側からはさみ、ごしごしこすらず優しく軽くポンポンと叩くように水気を取ります。
  • しっかりタオルドライして水気が取れてきたらドライヤーをかけます。
  • ドライヤーは20cm以上離し、毛流れに逆らわないように髪の根元から毛先、後ろから前へ向かって乾かしていきます。
  • ドライヤーは同じ場所に長く当たらないように細かく動かしながら乾かします。
  • 8、9割ほど乾いたら冷風に切り替えて頭皮と髪の熱を取ります。
  • 冷風にすると熱が取れると共に毛穴と髪のキューテイクルも引き締まります。

 

 

傷んだ髪のケア方法とは?

では、もうすでに傷んでしまった髪の毛は、どうケアすれば良いでしょう。

ここで覚えていてほしい事は、髪は死んだ細胞であるということです。肌や筋肉は生きた細胞で自己回復機能がありますが、髪や爪・歯は死んだ細胞で自己回復機能はありません。

そこで外からケアしてあげないとダメージを受けたままの状態です。傷んでしまった髪の毛には外からのケアが大切なのです。

傷んでしまった部分は残念ながら回復する事はありません。そこで傷んだ状態をそれ以上ひどくならないようにケアしながら、健康な新しい髪が生えやすい状態に頭皮と髪をケアする事が大切になってきます。

 

まずは、傷んだ髪をケアする基本のシャンプー・トリートメント・ブラッシングの方法を見ていきましょう。

シャンプー

シャンプー前にまず、指の先でお湯だけを使い優しくマッサージしながら髪をすすぎます。こうする事で汚れが落ちて、シャンプーを多く使いすぎる事がなくなります。

シャンプーは、髪と地肌に優しいアミノ酸系の物を使いましょう。

シャンプーは手のひらで十分に泡立てて、指の腹でマッサージするように頭の後ろから毛流れに沿って洗います。

まずは頭皮と毛根を良く洗い、段々毛先に向かって洗っていきます。

シャンプーの洗い残しは頭皮と髪にダメージを与えるので、シャンプー後は洗い残しがない様に十分すすぎます。

トリートメント

洗髪後、タオルで十分に水気を取ります。髪に水分が多く残っているとトリートメントが十分髪に浸透しません。

トリートメントを手のひらに取り、髪にもみこむようにまんべんなくなじませていきます。トリートメントをなじませたら、しばらく時間を置きます。

出来れば蒸しタオルで巻いて5~10分ほど置くと、より内部にトリートメントの成分がなじんで効果的です。

その後丁寧にすすぎます。特に頭皮にはトリートメントが残らない様に十分すすぎましょう。

ブラッシング

ブラッシングも綺麗な髪には欠かせません。ブラッシングには主な3つの役割があります。

潤いを行き渡らせる

根元から毛先へブラッシングする事で、髪全体に皮脂を行き渡らせます。そうする事でつやのある髪になります。

マッサージ

頭皮を刺激する事で血行が良くなり、頭皮や髪に栄養が行き届きやすくなります。

ただしあまり力を入れてブラッシングすると頭皮を痛めてしまいますので、やさしくブラッシングするようにしましょう。

髪と頭皮のクレンジング

シャンプー前のブラッシングは、ほこりやフケなどの汚れを落とし浮きやすくするため、シャンプー時に汚れを落としやすくなります。

 

次に髪の痛みがひどい時のスペシャルケアを紹介しましょう。それは「椿油」を使ったケア法です。

すぐには変わりませんが、毎日根気よく続けていると、紫外線や乾燥によるダメージでパサパサになり切れやすくなった髪も、潤いのある艶髪になります。

また椿油は大きさによって異なりますが1000円前後で購入出来ますので、何千円もするトリートメント剤と違い続けやすいのもお薦めポイントです。

椿油を使ったケア方法

まずブラッシングをして、髪と頭皮の汚れを浮かせ落としやすくし、髪の絡まりを解きほぐします。

シャンプーは使わずにお湯で髪と頭皮をすすぎ、浮いた汚れを洗い流します。

水滴が滴らないくらい、十分に水気を切ります。

椿油を髪全体にまんべんなくなじませます。

この時、椿油で髪がべとべとになるくらい十分つけます。

蒸しタオルで巻いて10分ほど置きます。この間にお風呂に浸かったり身体を洗ったりすれば時間が無駄になりません。

良く蒸らしたらシャンプーを付けて良く洗います。洗い方は基本のシャンプーの方法で洗いましょう。

この時の1番大事なポイントは、椿油を完全に落とし切らない事です。

勿論シャンプーの洗い残しは髪と頭皮を痛めるので、十分なすすぎが必用ですが、ベトベトにつけた椿油は普通に洗っただけでは落ち切らないので、少し油っ気が残って気になると思います。

しかしこれがポイントなのです。椿油の油脂分を残しておくことで傷んだ髪をコーテイングして保護膜の代わりになるのです。

すすいだ後は、正しい髪の乾かし方を参照に髪を乾かしましょう。

 

このケアを毎日根気よく続けていれば、少し時間はかかりますが、かなり傷んだ髪も潤いのある艶髪になります。

髪の傷みが気になる方は是非試してみてください。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

自然乾燥もドライヤーも、メリットデメリットがあります。

髪を痛めないために大切なポイントは、タオルドライをしっかりする事、熱風をあてすぎない事、完全に乾かし切らず最後は冷風で頭皮と髪の熱を取ることです。

 

髪の毛は死んだ細胞で自己修復機能がないため、1度ダメージを受けると自分では修復できません。そこでダメージを受けた髪には外からのケアが重要になってきます。

傷んだパサパサ髪になってしまうか、つややかでサラサラの髪になるかは、正しいシャンプーの仕方と乾かし方で決まります。

 

ここで紹介した髪の洗い方、乾かし方を参考に、ポイントを抑えて実践してみてください。

きっと健康な髪が蘇るでしょう。