40歳から「薄毛」が目立つようになってきた・・・

原因は何なに?

「薄毛」の対策方法は?

 

Original update by : たまご星人さん

 

年齢を重ねると共に衰えてくる髪の毛。女性の場合、40歳を過ぎたあたりから「薄毛」に悩む方が非常に多いです。

今回はそんな40代女性の「薄毛の原因」とその「対策方法」についてまとめました。

 

40代女性の薄毛の原因とは?

 

 

40代女性の「薄毛の原因」は大まかに3つです。

  1. 女性ホルモンの減少
  2. ストレス
  3. 髪の毛や頭皮へのダメージの蓄積

1.女性ホルモンの減少

40代女性の抜け毛の原因は、「女性ホルモンの減少」といわれています。

髪の毛の成長には、女性ホルモンの「エストロゲン」が大きく関係しており、エストロゲンは、毛根にある細胞を活性化し、髪を太く長く成長させます。

女性ホルモンの分泌は、20代後半がピークで、その後徐々に減少し、40代になると急激に減少していきます。その為、エストロゲンの減少が、「薄毛」や「抜け毛」の原因になってしまいます。

2.ストレス

女性は各年代ごとに様々なストレス要因を持っていますが、40代というのは一番ストレスが溜まりやすい年代です。家庭や職場の問題などによるストレスに加え、体力の衰えもあり、疲労がたまりやすくなります。

その為、若い時にはストレスと感じなかった要因もストレスになってしまうことがあります。

40代女性が感じるストレスで多いものは、

  • 子育てがうまくいかない
  • ローンの返済
  • 自分の老後や、親の介護

 

等があります。

3.髪の毛や頭皮へのダメージの蓄積

ヘアカラーやパーマを繰り返すと、髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまいます。

若い頃は新陳代謝も活発で多少のダメージなら修復可能だったかも知れませんが、40代以降になると、長年のダメージが積み重なり、また修復スピードも遅くなります。

その為、髪や頭皮が傷んだ状態が続き、髪へ栄養が行き届かなくなり、薄毛に繋がっていきます。

 

40代女性で前髪や分け目の薄毛が気になる時の対処法3つ!

40代女性の「薄毛の原因」をふまえて、どの様な対処法をすれば良いのか紹介します。

ストレスを発散する

先ほども述べましたが、ストレスは抜け毛の原因となります。40代の女性は日々忙しくしておられ、沢山のストレスを抱えている方が多いですよね。

しかし、心にほんの少しの「ゆとり」を持たせてあげると、だいぶストレスは軽減されます。10分でも、自分だけの時間を取ってみてはいかがでしょうか。音楽を聴いたり、アロマをたいてみたりするだけでもストレスの軽減になりますよ。

イソフラボンの摂取

イソフラボンには、女性ホルモンと似た作用があります。女性ホルモンを補充するイメージで摂取すると良いです。
納豆や豆腐などの「大豆イソフラボン」は髪の成長にも効果的ですし、減少した女性ホルモンを補い、様々な更年期障害の症状も緩和します。

身体の為にはイソフラボンを1日に75㎎摂れば良いと言われており、イソフラボンは納豆1パックにおよそ60mg、お味噌汁1杯に20㎎、豆腐1丁(300g)で約80㎎、豆乳100mlで20㎎含まれているので、普段の食生活でも簡単に摂取できます。

納豆や豆乳など、苦手な方はサプリメントでもイソフラボンを摂取する事が可能です。

エクステやウィッグを取り入れる

男性の薄毛は髪が抜けて、その後生えてこないというのが特徴で、薄毛が進行した部分はいわゆる「ハゲた状態」になりやすいものです。これに対して女性の薄毛は、髪の毛が細くなり、全体のボリュームがなくなる、というのが特徴です。

「エクステ」というのは、地毛に結び付けたり、テープや留め具で固定したりする事で、髪全体のボリュームを増やすものです。地毛が残っている女性の薄毛であればエクステを使ってカバーする事が可能です。

そして、エクステは「長さ」や「パーマの有無」「色」など、自分の髪の毛に近い物を選んで増毛するので、その日からいつも通りのヘアアレンジを楽しむ事が出来ます。

他にも「ウィッグ」もオススメです。ウィッグのメリットはなんといっても、簡単確実なボリュームアップ。そして、カラーやスタイルのバリエーションも豊富で、フルウィッグから部分ウィッグまであるので、ご自身に合ったウィッグを選ぶ事が可能です。

「カツラ」と考えてしまうと抵抗があるかもしれませんが、最近では「ウィッグ」はオシャレアイテムとして使われているので、ファッションとして楽しむ事ができます。

薄毛に悩んで憂鬱な気分になるより、思い切ってエクステやウィッグを「オシャレ」として楽しむと気持ちが楽になりますよ。

 

いつまでも若々しくあるために見直すヘアケアとは?

Original update by : acworksさん

 

薄毛の進行を遅らせるために、生活習慣やヘアケアの方法を見直してみませんか。

十分な睡眠をとる

40代女性は、女性ホルモンの減少に加え、自身の健康はもちろん、様々なストレスにさらされる年代でもあります。そうしたストレスから身体を守るためには、十分な睡眠をとる事が必要不可欠です。

22時~2時の間に睡眠を取ると、成長ホルモンの分泌が促進され、健康な髪が生まれ育つ良い頭皮環境に繋がります。規則正しい生活リズムで、十分な睡眠を取る事は、薄毛の進行を遅らせる事に繋がります。

頭皮に刺激を与えない

紫外線から肌を守るために、UV対策をしますが、頭皮にはこれといった対策をしない事も多いです。頭皮も顔と同じくらい、紫外線のダメージを受けています。外出時には帽子や、日傘などで紫外線から頭皮を守る事も大切です。

その他に、頭皮に刺激を与えてしまうものに、「パーマ」や「ヘアカラー」「間違ったシャンプーの仕方」などもあります。間違ったヘアケアを続ける事で、頭皮が乾燥してしまい、頭皮を守るバリア機能が低下し、抜け毛の原因になります。

洗浄力だけのシャンプーなど、頭皮に決して良いとは言えない物も少なくありません。きちんとしたシャンプーを見つける事は薄毛対策で非常に大事な要素です。

オススメは「アミノ酸系」シャンプーです。アミノ酸系シャンプーは低刺激で、身体に対する安全性が高いシャンプーです。頭皮もお肌です。肌を扱うように、頭皮も扱えば美髪を生む頭皮をキープできます。

正しくドライヤーを使う

洗髪をした髪の毛は、ドライヤーで乾かす方が良いとされています。なぜなら、髪は濡れると保護する役割のキューティクルが開き、無防備な状態になってしまうからです。

しかし、正しくドライヤーを使わなければキューティクルを痛める原因になってしまいます。正しいドライヤーの使い方は。

① 髪をタオルで軽くはさみ、トントンと叩いて拭く

濡れている髪はキューティクルが柔らかくなって傷つきやすくなっています。髪同士を擦り付けないよう優しく拭きましょう。

② 頭皮とドライヤーの距離は20㎝離す

髪を乾かす時は、頭皮まで乾かす事が大切です。髪の根元から順にあてて、頭皮をしっかり乾かす事が大切です。

しかし、頭とドライヤーの距離が近すぎると、熱で頭皮や髪にダメージを与えてしまいます。ドライヤーと頭皮との距離は20㎝程離して使用しましょう。

③ 仕上げに冷風で髪全体を冷ます

仕上げに冷風をあてる事で、キューティクルがしっかり閉じ、髪が傷みにくくなります。

 

まとめ

いかがでしたか?

女性の薄毛の原因は様々で、特に40代からはホルモンの減少なども加わり、頭皮などの肌の状態も大きく変化してきます。

加齢やホルモンによる髪の変化は、食事や睡眠などのケアで十分改善されます。年だからと割り切ってしまわず、正しいケアをする事をオススメします。

時にはエクステやウィッグで雰囲気を変えて、オシャレとして楽しむのも良いですよ。

  • ストレスは溜め込まない
  • イソフラボンを摂取してエストロゲン分泌を促進
  • エクステやウィッグの活用

 

50代になると、さらにホルモンは低下して、体力も衰えてしまいます。薄毛や抜け毛に悩まされる人も2倍以上になると言われています。

40代である今のうちに「来るケアを怠らない事」が大切と言えますね。